Flash

  • インプラント治療
  • 審美歯科治療
  • 入れ歯
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • レーザー治療
  • アンチエイジング
  • チームとしてのアプローチ
  • 費用について
  • お問い合わせ・初診予約
  • 医院までのアクセス情報
  • 青森県八戸市審美歯科・インプラントセンター

インプラント治療

インプラント治療において、一番体で一番大切なことは、安心と予後になります。
ここ数年インプラントを取り入れる歯科医院が急増しました。
併し、基礎の研鑽のないままに、安易に手を出し失敗しているケースを良く見かけます。
まずベテランの先生と一緒にインプラント治療をすることをお勧めします。
何年かしてから、きちんとインプラント治療をすることをお進めします。
できれば、オペ室は完備すべきです。
院内に歯科用CTは、いまや不可欠です。
解析ソフトも必要です。
これによってインプラント治療の成功率は、格段に上がります。
あとはアシスタントワークです。
術者だけでは、何もできません。
ですから、気心知れたアシストが必要となります。
今のところは、院内にCTが完備され、オペ室の必要性が大切となります。
あとはスキルアップができて、よいインプラントを使用すればいいのです。
フルダテ歯科では、ノーベルバイオケアとアストラテックのインプラントを使用しています。

昨今、インプラントを用いた治療方法が主になりつつありますが、インプラントとはいったいどのような物なのでしょうか。
従来であれば、不幸にして歯を失った場合、取り外し式の入れ歯もしくは両隣の歯を削って橋渡しのブリッジという選択しかありませんでしたが、これらの治療方法は、審美性に悪影響を与えるばかりでなく、将来的には一本ずつ歯を失い、入れ歯でしか対応できなくなってしまうことが、数多くありました。

インプラント治療とは、チタンという生体に最も親和性の高い金属でできた人工的な根を骨内に埋め込み、失った部分を元に近い状態に回復できる画期的な治療方法です。
多くの学術的根拠と診査診断を行い、十分な説明を行った上で、患者様にとってより満足していただけるインプラント治療を提供できると自負しております。

最近ノーベルガイドでインプラント治療する時フラップしながらする場合があります。
きちんとフラップして、ガイデットサージェリーの利点も生かし、審美性も加味したインプラント治療を心がけています。
インプラント治療に大切なのは、安心と予後です。
フルダテ歯科では、院内にCTを設置することで、患者さんの負担も軽減し、安全な治療を心がけています。
現在使用しているインプラントは、ノーベルバイオケアのブルーネマルク、ルプレースセレクト、スピーディーインプラントなどとアストラテックのインプラントを主に使用しています。

先人たちが確かな学問にしてきたインプラント治療の成功率を低下されることがないようにすることが私たちの使命であり、これからもさらに発展していくことにつなげていかなければなりません。

ノベルバイオケアのインプラント ブロネマルクインプラント・リプレースセレクト アストラテックインプラント

腫れない、切らない、痛くない。1日でインプラントが可能に!

3Dによるバーチャルプランニングで安全な手術!軟組織を切開剥離しないので、「腫れない]「痛みは軽減」

歯を失ったとき、治療の選択肢の中でインプラント治療は認知度の高いものとなっています。
しかし、腫れ・痛み・通院日数などで患者さんに大変負担をお掛けしていましたが、当院では1日の治療でフィニッシュまで可能に。
歯肉を切らないので腫れ・痛みもほとんどありません。

「手術当日から食事できます!」

ノーベルバイオケア主催「ノーベルバイオケア エステティックフォーラム2009」のダイジェストです。

詳しい内容はこちらのノーベルバイオケア社ホームページ
ノーベルバイオケア エステティックフォーラム2009」へ

インプラント治療の流れ

※最初に治療計画をご理解ご納得されるまでご説明したうえで、患者様に同意していただきます。
治療を進めていく中で、計画通りに行かない場合は、その都度充分ご説明し互いに理解しあいながら治療を進めていきますので、不明な点や不安なことがありましたらお尋ねください。

1.事前の検査

ラジオグラフィックガイドを使用して、バイトインデックスを咬ませた状態でCT撮影によりダブルスキャンニングを行います。

ノーベルガイド(ソフト)によりプランニングを行い、スウェーデンにインターネットでデータを送ります。スウェーデンから送られてきたサージカルテンプレートとラジオグラフィックガイドで仮の歯を作っておきます。

その後、サージカルテンプレートをサージカルインデックスに咬ませて、アンカーピンを入れて固定し、その後サージカルインデックスをはずし歯肉パンチを行い、プロトコルにそったドリルステップを行いその日にインプラントを埋入し、すぐに仮歯か新しい歯を入れることが可能になりました。

検査結果や症状にあった個別治療のご説明をいたします。


ラジオグラフィックガイドを利用してダブルCTスキャンを行いノーベルガイドを用いて3Dのバーチャルプランニングを行います。


その後、サージカルテンプレートで仮歯補綴物を製作しておいてインプラントを埋入した日から装着するとこが可能になりました。
検査結果や症状にあった個別治療のご説明をいたします。

3Dバーチャルプランニングで安全性の向上(ノーベルガイド)

患者さんの負担を軽減し、予知性・安全性を更に向上させた画期的な臨床応用システムです。
(3D画像による治療計画から外科手術、補綴治療までの一貫した治療システム)


2.インプラントの埋込と新しい歯の装置

1日でフィニッシュ!Teeth in au Hour

従来は骨における埋入条件が最優先されインプラントを埋入してから上部構造を製作していた為、機能性・審美性に乏しいなどの問題を抱えていました。
しかし、最終的な補綴物の3次元的形態と骨の画像を同時に見ながらインプラントの埋入位置を決定されるため(ガイデットサージェリー)審美性機能性が更に向上された治療が可能となります。

サージカルテンプレートを用い、浸襲性を最小減に抑えたフラップレスでの術式になりますが最近、フラップするという概念もあります。
サージカルテンプレートを用いることでドリルステップが簡便になりオペ時間の短縮が可能になります。
オペをする前にファイナルの補綴物の製作が可能になります。
事前に上部構造体を製作することで、患者さんはその日のうちに新しい歯を手に入れることも可能になり元の生活に戻ることが可能です。最終的には、アバットメントレベルの印象かインプラントレベルの印象となりパッシグフィットを確認してPIBでの上部構造が可能となります。この場合、サブストラクチャーにするかスーパーストラクチャーにするかで異なりますが、アバットメントレベルの印象の場合にはチタンフレームのサブストラクチャーとなります。しかし、インプラントレベルの印象においては、ジルコニア及びチタンのフレームが可能になります。より審美性を高める為に、ジルコニアのPIBが可能となりました。

All-on-4(オールオンフォー)

4本のインプラントで骨がない症例には非常に有利なインプラント治療です。
オトガイ孔管(43mm)クロスアーチプロテクションという力学の概念で安定した骨の支持が得られます。
特に、下顎においては良好な結果が得られるといわれております。
傾斜埋入は左右2本となります。そのほかの部分においてはストレートの埋入となります。インプラントはノーベルスピーディ・グルービーのエクスターナルになります。これによりマルチユニットアバットメントレベルの印象をとりPIBが可能となります。傾斜埋入はあまり傾斜させずに角度付きマルチユニットアバットメントになります。(30度)
もちろんその日のうちに仮歯まで入れることができ、食事もできます。

3.定期検診(当院より検診のご案内を差し上げます)

症例